結婚式の服装 結婚式に幸せ込めて・・・

結婚式の服装

友人の結婚式に招待されたら、もう頭の中は当日の服装の事でいっぱいなのではないでしょうか。

素敵な男性や女性に出会うため、それはそれはオシャレな格好で出席する事でしょう。

結婚式のような正装の場では、服装や服飾品などにもマナーがあります。
せっかくオシャレをするならば、マナーも守った素敵なものにしましょう。

という事で、この出席準備編では結婚式当日の服装のマナーについて考えましょう。

よく「結婚式の招待状に「平服で…。」との指定がありますが、そもそも平服(へいふく)というのは、礼服でなくても良いですよという事で、略礼装のことを指します。

略礼装には、特にコレだという決まりはありません。
かなり自由な着こなしが可能です。

といっても普段着&行き過ぎたファッションはダメです。
特に決まりのない略礼装ですが、普段着というわけにはいきません。

男性ならば一般的にはダークスーツ、シャツやネクタイ、小物などで雰囲気を演出すると良いでしょう。

女性ならば、スーツでもワンピースやツーピースでも流行のものを着こなし、遊び心のあるアクセサリーなどを取り入れて、あなたらしさを演出しましょう。

意外とややこしいような?平服ですが、おでかけファッションと考えれば良いでしょう。
また、結婚式のようなフォーマルな席では、昼間と夜の区別が大切なポイントです。
(ちなみに”昼間”とは、正午から午後5時ごろまでの結婚式をさします)


結婚式の二次会に招待された場合も、よく「平服」で、記されている場合が多いですよね。
では、結婚式の二次会にふさわしい「平服」を考えてみましょう。

一般的な服装の場合、ジーンズやジャケットといったカジュアル思考の服装も考えられるかもしれません。
しかし、結婚式の二次会となると、話は変わってきます。

まずは、結婚式の二次会の場所や、雰囲気などの情報を入手しましょう。
結婚式の二次会の場所や雰囲気の情報を入手することで、その場にふさわしい服装が浮かんでくるはずです。

結婚式の二次会の情報を入手しないまま「平服」と記載されていたから、といって、その場に合わない服装で出席してしまって・・と、いう話もよくあります。

一般的にどんな結婚式の二次会の場所でも合う服装といえば、男性はスーツ、女性はワンピースやスーツなどの服装ではないしょうか。
どんな場合でも、適応してくれる服装だといえます。

女性などは、花嫁より目立たないように、花嫁の象徴の色である、白を避けるなど、細かな工夫が必要になってくると思います。

結婚式の二次会の服装は、上品さを残しながらも、目立たない服装であることが大切になってきます。
あくまで、主役は結婚をする二人であり、それをお祝いする気持ちが大切なのです。

 
結婚式に幸せ込めて・・・ TOPへ 結婚式の服装・髪型 結婚式の服装