結婚式の髪型・ヘアスタイル 結婚式に幸せ込めて・・・

結婚式の髪型・ヘアスタイル

結婚式に呼ばれたときの髪型は、セルフ派と美容院派に分かれるところです。

結婚式の髪型には、出席者もかなり悩むことでしょう。
急に結婚式に呼ばれたときなどは、全く美容室にも行けない状態になることもあります。

結婚式では、やはり会食が含まれるため、髪型はなるべく髪が清潔に見えるようなアップスタイルが良いといいます。
二次会などは、最低髪が口に入ってしまわない程度なら、ダウンスタイルも許されるかもしれません。

また、結婚式の髪型で出席者が頭に花をつけることは珍しいようです。
しかも、白系の花をつけると良くないともいわれています。

結局、結婚式での髪型は、アップスタイルが無難でしょう。
自分で簡単に出来るアップスタイルがあります。

例えば、ふんわり感のある髪型にするには、後頭部・サイド・トップの3つに分け、後頭部から丸みを持たせます。
サイド&トップはタイトな感じにして、高い位置でまとめるとさらにいい感じになります。

生え際の毛をぼかして残し、きっちり感をおさえめに完成させるとい良いようです。
さらに、髪をまとめる位置が後ろにずらしてあるシンプルでおしゃれな髪型もできます。

2箇所に分けてからボリュームを出しながら各部位をまとめます。
髪をまとめて止める位置は、つむじよりもやや後方にしてしっかりとまとめて止めます。
結婚式に適した髪型となります。

このように、結婚式のヘアスタイルで、女性に多く支持されているのはアップスタイルですが、実はこれらは男性からは全く人気がないようです。

一方、 結婚式で男性に最も人気が高いのはダウンスタイルですが、女性の人気はそれほどでもありません。

実際、結婚式の時は、夜会巻きやシニヨンなどのアップスタイルにする人が多いようです。

一口にアップスタイルといっても、ティアラ、クラウン、ボンネ、生花など、ヘアパーツによって同じヘアスタイルでも全く異なる雰囲気になり、また前髪によっても表情が変わります。

束ねたヘアを散らすと優しい雰囲気になり、また、まとめると清楚な花嫁になれます。

一方、結婚式のお色直しの時には、ダウンスタイルにする人が多いようです。
結婚式の時でも、すっきりしたシンプルなドレスであれば、ダウンスタイルも可愛いかもしれません。

ただし、お辞儀をする度にヘアがバサッとならないようなスタイルがスマートでしょう。

ショートやミディアムでも、つけ毛を付ければ基本的にロングスタイルと同じようなスタイルが可能ですが、短めのヘアならではのモダンなスタイルや、可憐なアレンジも素敵なスタイルで、小さめのクラウンも可愛く見られます。

和装での結婚式も多いですが、ヘアスタイルは、ヘアをおろさず、上げてすっきりしたヘアスタイルの方が和装が更に際立つようです。

 
結婚式に幸せ込めて・・・ TOPへ 結婚式の服装・髪型 結婚式の髪型・ヘアスタイル