結婚式のご祝儀と相場 結婚式に幸せ込めて・・・

結婚式のご祝儀と相場

結婚式のご祝儀で、もう悩まないぞ!
結婚式と、いえば、ご祝儀ですよね。

結婚の報告を受けたときや結婚式に招待されたときの悩み事の一つに、結婚祝いを何にするかとか、いくら包めば良いかなどがあると思います。

この結婚式のご祝儀というのは、結婚式に招待されると必ず気になり、悩むことの一つだと思います。

結婚祝いを実際に受け取る側の心境で言うと、一番嬉しいのはやはり現金だそうで、最も一般的な結婚祝いとも言えるかもしれません。

では、結婚式のご祝儀の相場はいくらなのでしょうか?

披露宴に出席せずに結婚祝いを贈る場合は、出席したときの半分~3分の1の金額が一般的です。

しかし、あまり相場にこだわらず自分の懐具合と相談しながら贈っても良いと思います。

ただ、安価すぎる品物や高価すぎる品物は相手もお返しに困ってしまうので避けた方がよいのではないでしょうか。

では、実際に出席する場合の結婚祝いの相場はと言いますと、結婚式のご祝儀は、ご祝儀をあげる側ともらう側の関係や年齢が大きくかかわってくるものなので、結婚式のご祝儀の相場、というものは、本来存在しないのです。

では、平均的に見て、結婚式のご祝儀は、どのくらいの金額が平均になっているのでしょうか?

ご祝儀をあげる側ともらう側の関係によって左右されますが、関係が友人や同僚の場合、2~3万円、上司などの場合、3~5万円。

親族の場合は、つきあいの深さなどが大きく関係してきますが、いとこなどは2~3万円、甥や姪の場合は3~5万円、兄弟姉妹の結婚祝いになると更に金額は上がって10万円や20万円ぐらい包む人が多いそうです。

結婚式のご祝儀では、「4」「9」と、いう数字は避けられています。
結婚式というのは、おめでたい席なので、金額でも「4」や「9」は、縁起の悪い数字は避けられているようです。

「縁起が悪い」、に通じることとして、偶数で割り切れるものも、縁起が悪いという意味で偶数は避けなければいけませんが、結婚式のご祝儀で2万円は、最近ではよくあるようです。

「1万円では少ないけど3万円は多い」という理由で、2万円は許容されるようになってきました。

結婚式のご祝儀で2万円が通常化しているのは、2万円という金額が、結婚式のご祝儀で選ばれやすいからだ、といわれています。

しかし、どうしても気になる場合は、2万円を1万円札と5千円札2枚にして、結婚式のご祝儀として渡す場合もあります。

ちなみに、10万円や20万円は偶数ですが、きりの良い数字として好まれるようです。

 
結婚式に幸せ込めて・・・ TOPへ 結婚祝いと贈り物 結婚式のご祝儀と相場