結婚祝いの相場と贈物 結婚式に幸せ込めて・・・

結婚祝いの相場と贈物

結婚祝いの相場は、贈る側にとっては、悩みどころだと思います。

結婚祝いの相場は、年齢や贈られる側との関係、立場によって変わってくるようですが、披露宴に出席した場合は、披露宴で料理や、飲み物、引き出物にかかった金額以上を、贈るのが、結婚祝いの相場となっているようです。

披露宴に出席しない場合の結婚祝いの相場は、贈る気持ちが大切になってくるので、自分の気持ちにあった金額を、結婚祝いの相場だと考えるのがよいでしょう。

贈られた側が、お返しに困るような金額は、結婚祝いの相場だとはいえないので、避けるべきだと思われます。

これは、安価でも高価でも、同じことが言えます。
結婚祝いの相場というのは、披露宴が大きな目安になっていますが、出席の有無もあるので、結婚祝いの相場は基本的には、気持ちだということになってくるわけです。

数人で結婚祝いを贈る、ということもあると思います。
この場合も、贈られた側がお返しに困るようなことがないように、相談をした方がよいでしょう。

なぜなら、まとめての場合、お返しが一人一人、個別の可能性がでてくるのです。
そういうことも含め、結婚祝いの相場を頭に入れて、結婚祝いを贈るようにしましょう。

「おめでとう」と、いう気持ちを込めて、喜ばれるものを贈りたいものです。


では、結婚祝いの贈物にはどんなものがあるのでしょうか。

結婚祝いとしての贈物は、「おめでとう」という気持ちを込めて贈られるものですから、それを頭に入れて、選んでいきましょう。結婚式贈物

最近の結婚祝いの贈物として人気があるのは、バカラグラスに2人の名前などを入れたりして結婚祝いの贈物として贈ったり、写真を入れるフォトフレーム、ブライダル用のカタログギフトなども人気のようです。

結婚祝いの贈物なので、2人での何かを表しているのがいいですよね。
贈物として、フォトフレームは定番ではありますが、2人の思い出を飾るには最高のものになります。

また、結婚祝いの贈物として、オリジナルの絵本というものもあるようです。
登場人物など自由に設定ができるので、結婚祝いの贈物としては、最適なものではないでしょうか。
オリジナルということで、世界で一つしかない結婚祝いの贈物、ということになります。

逆に結婚祝いの贈物として、贈らない方がいいものもあります。
刃物類などは、縁を切ってしまう、といわれており、結婚祝いの贈物としてはふさわしくありません。

お茶などは、結婚祝いの贈物としてふさわしくないわけではありませんが、香典返しなどで使用されることが多いため、あまり贈られることはないようです。

 
結婚式に幸せ込めて・・・ TOPへ 結婚祝いと贈り物 結婚祝いの相場と贈物