リングピローを作る 結婚式に幸せ込めて・・・

リングピローを作る

「リングピロー」というものをご存知でしょうか?
そのまま訳せば、指輪の枕・・・ですね。

リングピローは、幸せを誓った証である、大切な指輪を置くクッションのことです。

結婚式などでは、指輪の交換をしたりするシーンをよく見ることと思います。
その時に、指輪の下に敷いてあるものが、まぎれもなく「リングピロー」なんです。

指輪は、幸せがずっと続くように丸くなっているとも言われています。
その指輪を大切にしまっておきたい時や、結婚式で指輪交換をするときや、水仕事をする時に外したいけど、なくしたくない時などに大活躍します。

現在では、リングピローとはいっても、クッションのようなものであったり、人形がついたものでらったり、和風の座布団のようなものや、ガラスの靴のようなものなど、さまざまなものがあります。

また、既製品はもちろん、オーダーメイドで丁寧に作ってもらったり、自分で手作りしたりするなど、出来上がるまでの工程もさまざまです。

また、手芸屋さんなどに行くと、リングピローの手作りキットがおいてあるところもあります。
価格は1,500円くらいからあるようです。

また、最近ではインターネットなどでも販売されていますね。
近年は、オリジナルウエディングを希望するカップルが多くなってきていますので、リングピローにもこだわる人も増えてきているのではないでしょうか?

実際、私の知人も、名前入りで手作りしていましたね。

指輪は、幸せを誓った愛の証なのです。
大切にしたいという気持ちは、誰でもみな同じだと思います。

そんな大事にしたい指輪をなくさないためにも、自分で記念のリングピローを作ってみてはいかがでしょうか?

リングピローを手作りするキットも売っていますが、ここはキットに頼らないで、自分でデザインしてみてもいいかもしれませんね。

また、そのリングピローは、のちに2人の間に生まれた赤ちゃんのファーストピローとして使うと、2人の赤ちゃんがすくすく元気に育つという言い伝えもあるくらいです。

リングピローは、結婚する2人のためだけでなく、2人の赤ちゃんも幸せにしてくれる最高のウエディングアイテムなってくれるのです。

リングピローの素材は、クッションや枕のような形のものを使う人が多いですが、クマやウサギなどの人形や、ガラスの靴などのデザインもあります。
2人の個性を発揮できるアイテムでもありますね。

また、2人の愛の証である結婚指輪を置く、大事な役割を果たすアイテムでもあります。
できることなら手作りで、いつまでもいい思い出として残るとステキですね。

そして、リングピローを見るたびに、昨日のことのように結婚式の様子を思い出すことができるかもしれませんしね。

 
結婚式に幸せ込めて・・・ TOPへ 結婚式の準備 リングピローを作る