結婚式の招待状とウェルカムボード 結婚式に幸せ込めて・・・

結婚式の招待状とウェルカムボード

結婚式の招待状は、結婚式を友人たちなどに伝える上での、一番最初の大事な出会いとなります。

一般的には、結婚のお知らせや結婚式の日にちなどの伝えたい事を分かりやすくメッセージカードに書いて、郵送で招待したい相手に直接送ります。

メッセージの文章には「、」や「。」といった句読点をつかわない決まりや、忌み言葉という縁起の悪い言葉は使わない、などの様々な決まりがありますので、文章を書く時には注意が必要です。

結婚式の招待状のデザインには特に決まりがないので、あまり個性的すぎるものでないかぎり自由にデザインしてもかまわないとされています。

招待状の差出人は、新郎や新婦の名前ではなく、新郎や新婦の両親の名前をつかうというのが一般的に良いとされています。

最近では自分たちの結婚式ということを重要視する人が多いので、両親の名前ではなく新郎新婦の名前を並べて書いて送るということが多くなっています 。

招待状の返信の書き方の注意点ですが、招待状は新郎(新婦)が友達や職場の同僚などなら、「おめでとう、もちろん出席させていただきます」など、口頭で返事をすることもあるでしょうが、返信はがきはそれとは別に必ず期日までに投函するようにしましょう。

出欠を把握する作業は必ずしも本人たちが行うとは限らないからです。
また、期日までに返答がないと、主催者側に再確認などの手間を与えしまうこともありますので、注意しましょう。


結婚式で、2人の個性がよく表れるものの一つとしてウェルカムボードがあります。
では、結婚式で使われるウェルカムボードとはどういうものでしょうか?

結婚式のウェルカムボードとは、式場の入り口などを案内するために、新郎新婦の名前や写真などを書いたり、貼ったりしたものを、披露宴会場などの入り口に置いておく看板のようなものです。

結婚式でのウェルカムボードは、ペーパーアイテムと呼ばれるものの一つのようです。

結婚式でのウェルカムボードは、結婚式場で用意してくれる場合と、新郎新婦が用意する場合とありますので、結婚式場と相談などして決定します。

最近では、結婚式でのウェルカムボードは、新郎新婦での手作りが多くなりましたね。
結婚式でのウェルカムボードは2人の個性が表れてきている証拠になります。

結婚式でのウェルカムボードに、ぬいぐるみや花を添えてみるだけで、雰囲気が変わってきますよね。

2人の好きな花や、思い出のものなどを、結婚式のウェルカムボードにおいてみるだけで暖かい感じがしてきますよね。

結婚式でのウェルカムボードを2人で作成する場合は、ロゴは英語にするのか、日本語にするのか、相談をして世界で一つだけの、個性的な結婚式でのウェルカムボードを作成してみてください。

 
結婚式に幸せ込めて・・・ TOPへ 結婚式の準備 結婚式の招待状とウェルカムボード