国際結婚の仲介と中国 結婚式に幸せ込めて・・・

国際結婚の仲介と中国

国際結婚を仲介するサイトも多数ありますが、実際には国際結婚という正式な定義は無く、異なった国籍同士の結婚から、異なった人種や宗教、民族間などの結婚を、一般的に、国際結婚と総称しています。

しかし、通常は、国際結婚とは国籍の異なる者同士の結婚を表すことが多いのが現状です。

よく存在する仲介サイトでの国際結婚の表現も、異国間での結婚を表しています。

国際結婚仲介サイトでは、国際結婚の手続き情報やお見合い情報、国際結婚の手続き方法などの情報を提供し仲介しています。

人はそれぞれ「出会い」があるから結婚へ辿りつきます。
その「出会い」はナンパ・コンパ・知人からの紹介・同級生・社内恋愛など多種多様です。

しかしその一方、恋愛が苦手な人やいわゆる奥手な人もいます。
それによって結婚を諦める人も少なくありません。

そのような人でも、国際結婚なら出来るのでは、と考えていることがあります。

国際結婚仲介サイトでの紹介では、偽装結婚の問題や金銭をはじめとするトラブルを心配する人も少なくありません。
現実としてトラブルもあるようです。

そこで、トラブルを防ぐために自主的なガイドラインを設けている国際結婚仲介サイトも増えているようです。


国際結婚を仲介するサイトで圧倒的に多いのが、中国人の女性を結婚相手として国際結婚を仲介するサイトです。

国際結婚の中で、なぜ中国人を仲介するかというと、まず中国は文化・生活習慣が似ていることが挙げられます。

中国と日本は衣食住に関して文化や習慣が似ています。
最初のうちは日本語が分からなくても、漢字で大半の言葉の意味が分かります。

総じて中国女性は日本の生活にスムーズに慣れていくケースがほとんどです。

また女性の大半は家庭で料理を習ってきますので、将来にわたって美味しい中華料理を食べることができます。

さらに、中国女性は結婚後、家庭や家族を大切にします。
中国は元来、日本以上に家族や家庭を大切にする傾向があります。

日本では難しくなってきた親との同居も普通のことと考えています。
国際結婚後も男性の家族や親族を大切にし、うまくいっているケースが大変多いようです。

このような理由により、他の国際結婚よりも仲介しやすく、結婚希望者も仲介を依頼しやすいのです。

中国人の国際結婚仲介の流れは、まず希望によりメール交換などを中国人女性と行い、その後、中国でお見合いをして婚約が決まれば、第2回目の訪中をして手続きを完了させます。

そして、中国から持ち帰った書類を日本の役所に提出して入籍を行います。
そして、中国人女性の来日・外国人登録などを行います。

 
結婚式に幸せ込めて・・・ TOPへ 結婚相手探し・仲介 国際結婚の仲介と中国