結婚式の演出とBGM 結婚式に幸せ込めて・・・

結婚式の演出とBGM

結婚式の演出というのは、おめでたい席ですし、あれも、これもやってみよう、
などと、色々な考えが浮かんでくると思います。

しかし、結婚式の演出の重要なポイントは、

「どういう結婚式の演出が喜ばれるか」
「どういう結婚式の演出が2人の個性をいかせるか」

ということを、頭においておく、ということになります。

結婚式の演出は、2人の個性をいかせるものが良いと思いますので、具体案は決まっていなくても、結婚式の演出を考えるにあたってバランスを考えるようにすれば、結婚式の演出がうまくいく傾向があるようです。

結婚式の演出のバランスというのは、

ゲストの特定のグループだけ盛り上がっていたり、
新郎新婦とゲストとのスポットなどの当たるバランスがおかしくないか、

ということになります。

結婚式の演出で、ゲストの方々に、余興やスピーチを頼まないで、ゆっくり食事を楽しんだり、新郎新婦と写真を撮る時間をとったり、と、色々工夫がされているようです。


また、結婚式のBGMは結婚式や披露宴の全て雰囲気を変えてしまうぐらい大切です。
最も重要なのが、新郎と新婦が 結婚式の会場に入ってくる時のBGM演出です。

新郎と新婦が会場に入ってくる時には、会場の中にいる全員のテンションが 一番盛り上がる時ですので、ここで感動的な結婚式演出BGMが流れると 会場のなかの人たち全員に、すばらしい結婚式だと印象づけることができます。

ほとんどの結婚式場には、結婚式のBGMを選んでくれるのが専門の仕事の方がいますが、最近では新郎新婦が自分たちの思い出の曲やはやりの曲をさまざまなところで流したりします。

新郎新婦の入場の前や後にもさまざまなところでBGM演出は必要になってきます。

結婚式がはじまる時にはゆったりとしたBGMで気分を落ち着かせたり さまざまなスピーチの時には、しゃべっている人のじゃまにならないようなBGMを選んだりします。

BGMの音の大きさも重要ですので専門のかたとよく相談しておく事が大事です。

両親への感謝の手紙の朗読と花束贈呈は、ゲストも涙する感動のシーンです。
胸を打つ美しいメロディーや感動的なバラードをおすすめします。

披露宴のフィナーレは、大きな拍手の中を退場するので、出だしはインパクトのあるものにしたほうがいいでしょう。
お見送りのBGMは、ゲストとの会話をじゃましないものにしましょう。

 
結婚式に幸せ込めて・・・ TOPへ 結婚式の歌・演出 結婚式の演出とBGM