結婚式の挨拶・スピーチ 結婚式に幸せ込めて・・・

結婚式の挨拶・スピーチ

結婚式でのスピーチも大切な演出の一つです。
でも、頼まれた方は誇らしい反面、結婚式でどのようにスピーチしたらいいかとても悩むものです。

「結婚式でのスピーチ」なるマニュアル本を買っても、なかなか自分に合う文例が見付からなかったり、自分の言葉にアレンジしなくてはいけなかったり、結婚式でスピーチをしてる自分を想像すると緊張して汗ばんできたりもします。

結婚式でのスピーチをお願いする時に、主賓としてスピーチをして頂くのか、、乾杯の音頭と一緒に一言スピーチをして頂くのか、歓談の途中でスピーチをして頂くのかなどを必ず相手に伝えた方が良いでしょう。

また、結婚式に来ていただく方達の顔ぶれや披露宴の内容などを伝えておくと、くだけたスピーチか堅いスピーチか判断がつきやすくなるので良いかもしれません。

そして、結婚式でのスピーチをお願いする方には、改まってきちんとお願いのお手紙を書くのがマナーです。

結婚式でスピーチをする人も、どんな内容にするかとても悩みますよね。言ってはいけない禁止ワードも沢山ありますし、普段何気なく使ってる言葉も実は意味が違ってたりする事もあるので、事前によく確認をした方が良いでしょう。

また、力が入って長すぎるスピーチをしても逆に場がしらけたりするので、3分を目安にすると良いそうです。


結婚式の挨拶を頼まれたと言っても、新郎新婦との関係は、会社の同僚や部下、友人、親戚と、様々な間柄にあると思われますが、結婚式の挨拶は、基本的にはどのような場合でも構成は同じです。

それではここで、結婚式の挨拶の際に気をつけるべきポイントをご紹介します。

1.長くならないように
長~い話はなるべく避けましょう。400字詰め原稿用紙で2~3枚程度が丁度良いでしょう。
時間にして概ね3分程度です。

2.原稿を用意する
結婚式のスピーチは、原稿を読みながらで全くかまいません。
時間配分や忌み言葉に気をつける為にも、原稿をあらかじめ用意した方が良いでしょう。

3.聞き取りやすく話す
話し口調は、ゆっくり、はっきり、大きな声で。
マイクには、近すぎず、離れすぎずです。

4.禁句に気をつける
「切る」「切れる」「分ける」「出る」「去る」「終わる」「閉じる」「戻る」「落ちる」「落とす」「下げる」「最後」等は、縁起の悪い言葉で、結婚式では禁句です。
また、「重ね重ね」「くれぐれも」「しばしば」と言った重ね言葉も嫌われます。

5.暴露話はしない
結婚式で挨拶で、ウケをねらっての暴露話はいけません。
また、冗談などもよくありません。
下ネタや下品な話題も避けましょう。

6.政治と宗教の話は禁句
考え方は人それぞれです。
政治と宗教の話は、対立する意見をお持ちの方が必ずと言って良いほどいらっしゃいます。
政治と宗教の話は、可能な限り避けましょう。

 
結婚式に幸せ込めて・・・ TOPへ 結婚式の挨拶とスピーチ 結婚式の挨拶・スピーチ