友人代表としてのスピーチと文例集 結婚式に幸せ込めて・・・

友人代表としてのスピーチと文例集

結婚式で友人として招かれスピーチをする機会も多々ありますよね。
友人代表としてスピーチをすることは、とても誇らしく気恥ずかしい面もあるものです。

結婚式の席だからといって、お酒を飲みすぎて友人代表のスピーチに臨むのはよくありません。

お酒の力を借りて結婚式の友人代表のスピーチをおこなってうまくいった例は、あまりないからです。

友人としてのスピーチは、結婚式を華やかに彩る、一つの華であるといえます。
結婚式を盛り上げるためにも、自分の考えや感じたことをスピーチにこめられるようにしましょう。
友人として、結婚式をお祝いする気持ちを全面にだしていけばいいのだと思います。

結婚式のスピーチを上手に話したい、という気持ちは友人として当然の考えだと思いますが、気負いすぎると結婚式での友人代表スピーチという形式にとらわれすぎて、考えがまとまらなくなるのもよくある話です。

大切なことは、主賓に対する気持ちが伝わればいいのです。
気持ちでスピーチを語れたら、とても素敵なことではないでしょうか。
スピーチを考えるのも、また楽しい時間に変わってくると思います。

笑顔で明るく、新郎新婦に祝福の気持ちを伝える。これができれば、話し方が上手でなくても、問題はないと思われます。


と言っても、結婚式でのスピーチは、構成も文章も悩む部分ですよね。
まず、結婚式でのスピーチは、お祝いの言葉と自己紹介、結びの言葉で成り立っている、ということを覚えておいてください。

では、結婚式でのスピーチ文例をあげてみましょう。

まずは、お祝いの言葉のスピーチの文例です。

・おめでとうございます
・本日はおめでとうございます
・ご結婚おめでとうございます
・○さん、●さん、ご両家の皆様、本日はおめでとうございます。

結婚式でのスピーチ文例のお祝いの言葉としては上のような言葉があります。

次は結婚式でのスピーチ文例の自己紹介です。

・ただいまご紹介にあずかりました◎と、申します
・xx仲間を代表しましてお祝いの言葉を述べさせていただきます
・新婦の●さんと同期入社のxxと申します。

など、結婚式のスピーチ文例の自己紹介は、関係を織り交ぜて自己紹介をしましょう。

結婚式のスピーチ文例の結びの言葉は、

・末永くお幸せに
・お幸せを祈っています
・どうぞいつまでもお幸せに
・お二人の前途がすばらしいものでありますように
・お二人の幸せを心からお祈りして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます

など、うまく組み合わせて、結婚式のスピーチ文例を見ていただければ、作成がやりやすいと思います。

 
結婚式に幸せ込めて・・・ TOPへ 結婚式の挨拶とスピーチ 友人代表としてのスピーチと文例集